【絶対やめとけ】職場・社内恋愛はやめとけと言われる理由と実態とは

職場以外に異性と交流する機会がないと、社内恋愛をする人が多いですが、様々なリスクやデメリットがあるので社内恋愛はやめとけという意見が数多くあります。

公私混同をして仕事にミスが増える、喧嘩や破局をすると職場の雰囲気が悪くなり、居心地の悪さを感じてしまうことが多いです。

別れ方が悪いと、セクシュアルハラスメントリスクがあり、異動や転勤、解雇をされてしまうことがあります。

社内恋愛はばれると同僚から、からかわれたり、嫉妬心を持たれることが多くなります。

やめとけおじさん
やめとけおじさん

社内恋愛はやめとけ
別れた時に仕事と恋人すべてを失う可能性がある
(相手はマッチングアプリや結婚相談所で探そう)

ポジティブ女性
ポジティブ女性

いつでも一緒って幸せそうで良いと思うけどなあ

社内恋愛は止めとけと言われる理由

・公私混同しやすく仕事に影響が出てしまう

・不倫関係に陥ると訴訟や慰謝料請求のリスクがある

・かわかわれり、嫉妬心などを持たれることが多くなる

「社内恋愛はやめとけ」と言われる理由

社内恋愛はやめとけという理由には、公私混同しがちなので仕事に影響が出てミスが増える、職場の雰囲気が悪くなる、破局をした時、喧嘩をした時に職場の人に気を遣わせてしまうなどがあります。

仕事に影響する

一部には社内恋愛はやめとけという人がいますが、その理由には公私混同しがちなので、仕事に影響が出る可能性があります。

恋愛に左右されやすい人は、職場に好きな人がいると意識してしまい、仕事でミスが増えてしまうことがあります。

恋愛は恋愛、仕事は仕事だと切り替えることが大事です。

分かれた時に気まずい・ハラスメントリスクがある

社内恋愛禁止の職場の場合は、上司が部下と恋愛関係になってばれた時は、セクシャルハラスメントなどのリスクがあります。

社内恋愛が禁止ではない職場でも、別れた時に気まずいので職場で居心地の悪さを感じやすいです。

セクシャルハラスメントの場合は、職を失うなどのリスクがあります。

仕事に恋愛を持ち込むと仕事も恋愛も上手くいかなくなる

職場に好きな人がいると、仕事に恋愛を持ち込む人が多いですが、喧嘩をしたら、目を合わせない、相手を睨むなどをしていると、職場の雰囲気が悪くなってしまいます。

職場に恋愛を持ち込むと、仕事でミスが増えるので上司や同僚から白い目で見られたり、軽蔑されてしまう可能性があります。

他の同僚や仕事のパートナーへの嫉妬がある

仕事が忙しく、職場しか異性と交流する機会がないと恋愛に発展することがあります。

会社で人気の高い異性と彼氏、彼女の関係になると他の同僚や仕事のパートナーと話をしているだけで嫉妬してしまうことがあります。

嫉妬心が強すぎると、相手に重いと思われてしまうので、関係が悪くなることがあります。

ケンカすると仕事にも問題が出る

社内恋愛はメリットもありますが、多少のデメリットがあるので理解しておきましょう。

二人の関係がうまくいっている場合は、問題ないことが多いですが、喧嘩をすると職場で話をしない、不機嫌になってしまいます。

不機嫌になると職場の空気が悪くなるので、公私混同をしていると批判されることが多いです。

一緒にいることが長く一人時間がない

社内恋愛をしていると、一緒にいる時間が長くなるので、一人の時間がなかなか取れないと悩んでいる人が少なくありません。

仕事の後でデートをすると疲れているので、一人でゆっくり過ごしたいなどの不満が出てくることが多くなります。

会社で噂になり同僚にからかわれる

社内恋愛をしていると、同僚が二人の関係に興味、関心を持つことが多いので、からかわれるので不快に感じている人が少なくありません。

特に社員が男性の場合は、下品な会話でからかってくることが多く、嫌な思いをした経験のある人が多いです。

別れた後にも周囲に気を遣わせてしまう

社内恋愛はやめとけという理由には、二人の関係が悪くなり、破局になってしまう可能性がるからです。

職場で交際をしていると、同僚などが知っていることが多いので、破局をしてから数か月間は気まずさを感じることが多くなります。

同僚などに気を遣わせてしまうので、通勤をするのが億劫になってしまうことがあります。

相手によってリスクは変わる

上司との社内恋愛のリスク

上司と部下が恋愛関係になることが多いですが、職場の人にばれてしまった時は気まずさを感じたり、セクシュアルハラスメントの疑いを掛けられることがあります。

恋愛が順調に進んで結婚に発展した場合は、問題ないことが多いですが、破局になるとお互いに職場で居ずらいと感じることが多いです。

同期・同僚との社内恋愛のリスク

同期・同僚と社内恋愛をすると、公私混同しやすく、仕事でミスが増えたり、あだ名で呼んだり、同じ弁当やペアの文房具を持つことでばれやすくなります。

人気のある異性と恋愛関係になっている場合は、妬みや嫉妬心を持たれてしまうことが多いです。

同僚に興味、関心を持たれてからかわれてしまうことがあります。

部下との社内恋愛のリスク

既婚者の上司と独身の部下が社内恋愛をして、不倫、不貞関係になり、ばれてしまうと社会的信用を失ってしまいます。

部下、上司共に異動されたり、解雇をされることが多くなります。

独身者は婚期が遅れてしまったり、配偶者から慰謝料請求をされるリスクがあるので社内恋愛はやめとけという意見が多いです。

相手が既婚者の場合は訴訟される場合もある

社内恋愛は独身同志の場合は問題ないですが、上司や同僚に既婚者がいて、不倫関係、不貞関係に陥ってしまうことがあります。

不倫の恋の場合は、精神的苦痛を感じている妻や夫から訴訟をされるリスクがあるので覚えておきましょう。

慰謝料請求をされるリスクがありますし、職や信用も失う原因になります。

社内恋愛で失敗しない人はどんな人

口が堅く秘密を守れる人

社内恋愛は多少のデメリット、リスクなどがありますが、公私混同はせず、仕事は仕事、恋愛は恋愛だと割り切っている場合は、うまく行くことが多いです。

口が堅く秘密を守れる人は、上司や同僚からも信頼されることが多いので、社内恋愛をしても悪い印象は持たれないことが多いです。

部署違いで会社で一緒に仕事をすることがない人

同じ部署で働いていると、喧嘩をしたり、破局をすると気まずさを感じることが多くなります。

社内恋愛で失敗しない人は部署が違っているので、会社で一緒に仕事をすることがない人とはうまくいきます。

普段は違う仕事をしているので、喧嘩をしたり、破局をしてもダメージが少なくなります。

できれば職場や社内以外で恋愛した方が安全

社内恋愛は一緒にいる時間が長い、うまくいくと結婚に発展するなどの良い面がありますが、できれば職場や社内以外で恋愛をしたほうが安全です。

社内恋愛をすると同僚などに興味関心を持たれて、からかわれたり、破局をすると職場で気まずい思いをします。

一度に大勢の人と出会いたい場合は待ちコン、手軽な婚活を始める場合はマッチングアプリを利用すると良いでしょう。

一度に大勢の人と出会うなら街コン

一度に大勢の人と出会いたい場合は、マッチングアプリよりも待ちコンのほうがお勧めです。

街コンはイベント、セッティングプランがあり、同年代の異性と交流がしやすくなります。

気軽に恋愛を楽しみたい場合は、社内恋愛よりも待コンがお勧めです。

手軽な婚活を考えるならマッチングアプリ

真剣に恋愛や結婚をしたい場合は、街コンよりもマッチングアプリのほうが向いています。

マッチングアプリは、全国に会員数が多いので30代40代の男女にもチャンスが多いのが特徴です。

社内恋愛はデメリットや多少のリスクがあるので、避けたい場合はマッチングアプリを利用しましょう。

結婚への早さを考えるなら結婚相談所

20代後半から40代ぐらいの男女は、できるだけ早く結婚をして、子供を授かりたい、温かい家庭を持ちたい人がほとんどです。

なるべく早く結婚をしたい場合は、結婚を目的にした出会いを求めている結婚相談所がお勧めです。

社内恋愛に比べると同僚に知られたり、からかわれることがないので、安心して利用することができます。

まとめ 社内恋愛はリスクが高すぎるので避けた方が良い

社内恋愛は公私混同をすると、職場の人から白い目で見られたり、軽蔑されることが多くなります。

喧嘩をしたり、破局をすると周囲の人に気を遣わせたり、職場で居心地の悪さを感じることが多くなるのでデメリットが多い傾向があります。

上司や同僚が既婚者の場合は、訴訟問題に発展するリスクがあるので覚えておきましょう。

社内恋愛よりも、街コン、マッチングアプリ、結婚相談所などで婚活、恋活をするのがお勧めです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました