運営者情報

はじめまして、ヤマノです

山登りを始め、キャンプやウィンタースポーツ、様々なアウトドアが好きです。

関連メディアには、「登山ブログ:ヤマノブログ」「キャンプブログ:カテキャン」があり、
各メディアは総計して毎月17万回以上見られています。

いつも見てくださり、本当にありがとうございます。

ヤマノが薄毛治療が必要と感じたのは18歳の頃から

私の薄毛の悩みは高校3年生の頃にさかのぼります。
当時、私は薄毛なんて大人が悩むものだと思っていました

ところがある日、友人に頭頂部の薄毛を指摘されました。
薄毛は自分では気づきにくいので、人に言われて気づく人も少なくないと思います

実際に自分の頭皮を見てみると、頭頂部が少し薄く感じました。

考えてみると、私の家計は父方も母方も男は全員もれなくハゲてるのて、逃れられない遺伝の影響を思い当たりました。

当時は育毛剤の存在しか知らなかったので、朝晩の育毛剤をつけることが日課でした。

私は特に若いのに薄毛であることがコンプレックスであったために、香料の少ないものを選ぶようにしていました。

22歳からは内服薬の服用を開始

22歳となってから、より薄毛対策の重要性を感じて方法を調べました。

ですが社会人となったばかりで狭いワンルームボロボロアパート住の私には、治療薬は高く感じました。

結果、選んだのは個人輸入のフィンペシアの服用です。

発毛治療ではなく、薄毛予防の面が強かったので、どこまで効果があったかはわかりません。

てすが、25歳で薄毛となった親に比べて遅かったので、多少は予防できたと思っています

30歳からは結婚もあり、妊活のために治療停止

薄毛治療の注意点として、妊活中には一部の治療は出来なくなるということがあります。

30歳になると子どもを望む気持ちがあり、薄毛対策を制限しました

もし皆さんが薄毛 が目立つようになってから対策すればいいと考えているなら、できるときに始めることをおすすめします。

31歳から薄毛治療再開

31歳から本格的な薄毛対策を再開しました。

実体験を元に役立つ情報を発信しますので、ぜひご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました