増毛のために、抑えておくべきシャンプーの知識と頭皮ケアのポイント

年齢を重ね髪質が変化し薄毛が気になるとお悩みの方は多いと思います。そこでこの記事では増毛のために抑えておくべきシャンプーの知識と頭皮ケアのポイントについて解説しています。

薄毛対策にシャンプーが重要な理由

薄毛対策にはシャンプーがとても大切になります。シャンプーはただ汚れを落とせばいいというものではないからです。保湿などにも配慮しなければならないのでシャンプー選びは慎重に行わなければなりません。

頭皮のケアのコツ

頭皮ケアのコツとしてはそのシャンプーにどんな成分が配合されているのかで違います。フケ防止であればジンクピリチオンやミコナゾール硝酸塩、ピロクトンオラミンを含む製品がいいでしょう。

かゆみや炎症の防止にはアラントインやグリチルリチン酸2K、塩酸ジフェンヒドラミンを含む製品がおすすめです。保湿が目的ならコラーゲンやヒアルロン酸、グリセリンや植物エキス(オイル)などが配合されている製品が向いています。

薄毛対策で使うシャンプーの選び方

薄毛対策で使うシャンプーを選ぶ際には普段遣いのシャンプーとは異なる視点に立つ必要があります。普段遣いのシャンプーと育毛に特化したシャンプーの違いを見ていきましょう。

普段使いのシャンプー

普段遣いのシャンプーなら髪の毛や頭皮の汚れが落とせればそれでいいでしょう。あるいは価格の安さで選んでもいいかもしれません。頭皮のケアを気にされるのなら前述した成分が配合されている製品を選べば間違いありません。

育毛に特化したシャンプー(スカルプシャンプー)

育毛に特化したシャンプーにスカルプシャンプーがあります。スカルプとは頭皮のことで頭皮を健やかに保つことを目的としています。頭皮の状態が向上すれば育毛につながるというわけです。

スカルプシャンプーは頭皮に必要な皮脂を残しながら汚れはしっかり落して頭皮に潤いを与えるように作られています。

おすすめの薄毛対策シャンプー

ここからは具体的におすすめの薄毛対策シャンプーについてご紹介しましょう。すなわちラスティーク、シンフォート、ウーマシャンプープレミアム、ドラスティアの4製品です。どれを選んでも間違いのない製品ですが自分に合ったものをチョイスしてください。

チャップアップシャンプー

シリーズ累計700万本突破の人気シャンプー。

育毛剤やサプリと組み合わせた相性が良いことが特徴。

保湿成分が豊富な髪の悩みを持つ人向けのラスティーク

ラスティークは補修と保湿でダブルアプローチをする新感覚の洗い流さないヘアトリートメントです。数多くの雑誌で取り上げられており大手美容メディアでは売上が1位となっています。美容液の贅沢なヘアケアともいえます。

毛穴の奥からスカルプケア 炭酸シャンプー『SIMFORT(シンフォート)』

シンフォートは炭酸濃度8000ppmで頭皮環境を整える炭酸シャンプーです。特徴はノンシリコンでアミノ酸系の弱酸性で石油系界面活性剤やパラベン、合成香料や着色料は使用していないことです。そのため高い支持を集めシリーズ累計で50万本を突破しています。楽天売上ランキングではシャンプー部門で1位に輝いています。

私が通っている美容室の美容師さんが炭酸シャンプーは週1くらいで使っているとのことでした。

洗浄力が特に強いので汗をかけやすく皮脂汚れが多い人におすすめ。

炭酸シャンプーは皮脂汚れが落としきれない人におすすめ。
乾燥しやすい人は皮脂を落としすぎて逆に乾燥性脂性肌になりやすくなってしまうので、避けましょう





頭皮環境を集中ケア!最後に行きつくシャンプー「ウーマシャンプープレミアム」

ウーマシャンプープレミアムは頭皮環境を集中ケアするシャンプーです。累計100万本を突破するほどの人気を誇ります。ヘアサイクルに合わせた頭皮ケアで理想の髪を実現します。

頭皮環境に特化したスカルプシャンプー 薬用U-MAシャンプープレミアム

ドラスティア

ドラスティアは大人の男性のためのスカルプシャンプーです。40種類の頭皮ケア成分で乾いた頭皮を潤します。Jリーガーやアスリートたちから絶大な支持を得ています。年齢を感じさせない髪のボリュームを実現します。

https://drastica.tokyo/shopdetail/000000000001/

まとめ

増毛のために抑えておくべきシャンプーの知識と頭皮ケアのポイントについて解説してきました。スカルプシャンプーとヘアトリートメントを組み合わせて使うのもおすすめです。

ただし髪や頭皮に違和感を感じたときは速やかに使用を中止してください。他の製品に切り替えるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました